結婚した

8月に結婚しました。 誕生日入籍しました pic.twitter.com/3FyMMG4alD— 赤埜よなか (@_ynk) 2020年8月20日 過去の記事にも何度か登場している20歳年上の厩務員のひとと結婚しました。 aknynk.hatenablog.com aknynk.hatenablog.com 彼と出会ったきっかけは、…

2020年のゴールデンウィークのこと

今年のゴールデンウィークは8連休だった。 新型コロナウィルスの影響もあり、在宅勤務の延長線上でゆるやかに、そして曖昧にゴールデンウィークがスタートした。 2月に恋人と同棲を開始しすでに2か月は経った。 新生活には慣れたものの、月に一回程度発生す…

マッチングアプリの気になる人

昨年の12月、好きな人にフラれた結果、精神を病んでしまい死んだ目でマッチングアプリにかじりつく1週間を送った。この記事は12月、マッチングアプリを5つ並行でやっている時期に書いた記事です。 マッチングアプリは大学3年生のころから利用しており、パー…

好きな人にフラれた

「私は私の人生をどうしていきたいんでしょうね」 仕事納めの12月27日、会社の作業場で背中合わせに作業をしながら女性の先輩と話をしていた。先輩は私がつい最近恋人にフラれたことを知っている。「学生のとき想像していたアラサーって、私はもう結婚して子…

最近の感情(11/17〜11/22)

2019/11/17(日) 春ごろにハマっていたセブンイレブンの焼肉ビビンバおにぎりが復活していて嬉しい。もち米おにぎりシリーズはだいたいおいしいが、焼肉ビビンバは特においしい。 休日出勤終わりの日曜日の昼寝が気持ちよくて100年くらい眠れる気がする。16時…

私は能天気

「整理がつくまで時間がほしい」と言われたその日はバレエのレッスンがあった。夜は感情が膨張しやすいけれど、お昼ごろに連絡が来たからか妙に冷静な自分がいて、静かな悲しみが心にあるまま踊った。悲しい反面身体の調子は良く、先生からは「絶好調じゃん…

頑なに選ばない言葉

お互い頑なに「また会いましょう」とは口にしないまま別れた。別れたあとのLINEのやりとりでも、「また」とは絶対に口にしなかった。自分からその言葉は口にしまいと心に決めていた。 慎重に言葉を選び、話題を選ぶ。メニューを見ているふりをしながらも相手…

人身事故現場で人々が「頑張れ」と叫んでいるのを見た

水曜日は定時退社日なので、水曜日である今日はさっさと会社を出ることにした。10月に入ったとはいえまだまだ蒸し暑い日が続く、半袖にカーディガンでちょうどいいくらいの気温の日だった。 8月は残業時間が45時間を超え、9月も44.5時間くらいだった。会社員…

終わらせることが苦手

何かを終わらせることがとても苦手だ。 誰かが死んだと知ることもとても苦手だ。 何かが終わり誰かが死ぬことを想像して不安になることが私はとても得意だ。 *** 先日バレエの発表会があった。 半年間ほど練習をしてきた成果を他人に見てもらった。毎年夏…

『トイ・ストーリー4』を観た(ネタバレあり)

私の話を聞いてほしいという切実な願いを私以外の人は知らない。喉元まで出かかって、もしくはなんとか発話しても周りに掻き消されてしまうことのほうが多い。(声量に限った話ではなく)声が小さいから聞いてもらえない。どうすればいいんだろうか、と迷う中…

押し付けられたものを殺したい

首の高さにゴールテープが貼られていて、いつもの速度で帰り道を歩いていると、 いつの間にかゴールテープもといロープが首に巻きついていて足が地面から浮いている。宙に浮きながら歩いて家に帰る。ここ最近ずっと首が苦しくてどうしようもない。 振りかざ…

付き合ってたけど好きではなかった

一緒にいても会話が多いほうではなかった。沈黙になるとお互いにスマホをいじりだして、テレビに対して笑ったり突っ込んだりして会話がない状況を誤魔化していた。実家もこんな感じだった。テレビに顔を向けて会話をしている、なので私は人の目を見て話す方…

あじさい日和

金曜日。 紫陽花を見にいった。よく晴れた一日だった。 経緯は昨日書いた。 大好きなディズニーの年パスを今年は買わず、ほかの場所で写真を撮る一年にしたいという話。 なので、早速撮ってきた。 調べたところ、紫陽花は土が酸性かアルカリ性かによって色が…

ホスピタリティは地獄

今年はディズニーの年パスを買わないと決めた。去年初めてディズニーランドの年パスを買ってからというもの10回以上はディズニーランドに通ったし、香港ディズニーデビューもして、散々ディズニーランドを楽しんだ一年だった。 私はグリーティングやパレード…

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観た

社会人3年目になった。最近は精神的に負荷のかかる仕事も増えてきて、色々ヘマをやらかしながらもなんとか働いている。 情報処理試験(今年はSCを受験しました)の翌日、数分のスピーチと客先での業務報告をした。 「いい仕切りだったんじゃないですか」って言…

THE YELLOW MONKEYを観た

厩務員の伊勢谷はよく私を助手席に乗せて車を走らせてくれた。ときに煙草を吸いながら、ときに私の身体を触りながら、車の運転をしていた。伊勢谷友介に似た目鼻立ちがはっきりしている派手な顔の男だった。彼の大きな身長でも横になれるくらい大きくて広々…

怒りをすぐに伝えられる人になりたいの話

人生の強度。相手に対して直接怒りをぶつけることができずにヘラヘラと笑っている。そのとき何気なく言ったつもりの自分の言葉がいつの間にかカッターナイフに変わって私の手首はザクザク刻まれていく。 「全然大丈夫ですよ」 反射で言ってはあとから泣いて…

『キャプテン・マーベル』を観た

木曜日の祝日はなかなか不思議な感じがする。明日会社に行くだけでまた休み。同じチームのメンバー2人は有給を取り4連休にするそうだ。私は先日ディズニーランドに行くため有給を使ったので休まない。とりあえず明日は物理的に出社はする。精神は布団に置い…

好きな人と付き合ってなかった

今年に入って「私たちの関係性のステータスは何ですか?」と確認作業をしたところ、私は好きな人と付き合ってなかったことが判明した。 やっぱりな、という気持ちが半分くらいあった。事実インターネットで好きな人の話をするときは"好きな人"と書いていて、…

友人

先週はずっと死にたかった。ODの方法を調べていた。薬を何錠飲めば死ねるのか、どの薬であれば手っ取り早く入手できるのか調べていた。また、ひたすらに映画や音楽を摂取して自分に関係のないことを考えていないと、自分の人生がバグっていることに向き合わ…

感情の露出度

一人暮らしを始めたのは2017年の夏のことだった。22歳で始めた生活も今はなんとなくちゃんとしている風で、実際はちゃんとしていないことも多くあるのだけれど、お弁当をほとんど毎日作って出勤していることと週1ペースでバレエを続けていることだけはえらい…

日付が変わる前に寝たい

特に書きたいこともないが年末。 あと2営業日ということだけが私を生かしてくれている。惰性での出社、やや定時での退勤。どこかお店を見てから帰るというほどの元気はなく、毎日のお風呂(具体的に言えばコンタクトレンズを外して化粧を落とすこと)に時間が…

他人の話を疑わない人たち

仕事柄なのか、これまでの人生で叩き込まれたからなのか、私の性格に依るところなのか分からないけれど、"他人の発言や行動は真っ先に鵜呑みにせず疑うこと、受け入れるにはそれなりの根拠や証拠が必要だ"というスタンスで生きているので、そうでない人と関…

感情は邪魔

仕事をしている間に発生する感情はことごとく邪魔。他人から向けられる嫌味を始めとしたお気持ちに対して、感情を玉ねぎの皮のように剥き始めてはささくれ立って仕事以外の時間も気になってずっといじってると途端に血が滲み始めておしまいになる。 仕事でお…

紅茶

仕事に浸かっている。 今参加しているプロジェクトがもうすぐサービスインをするので、その準備に明け暮れている。たびたび発生するトラブルに瞳を暗くさせながらも、その度に人を頼れるようになってきたと感じる。 仕事であまり関わりのなかった人たち。 噂…

24歳エンジニアが資生堂のメイクレッスンに行ってきた

よなかです。社会人2年目です。普段はサーバや仮想PCの運用などをしています。これからそういったお仕事的な要素は一切出てきません。今日は化粧の話をします。 化粧は取り立てて好きというわけではないですが、他人に好かれたいので興味はあります。まあ化…

100

中学生のとき、HTMLで作成したホームページに100個好きなものをリストアップするというのが周りで流行っていて、ご多聞に漏れず私も好きなことをリストアップしていたのだけれど、結局100個に満たないまま好きなことをリストアップする作業に飽きてしまった…

人生の手綱を親に握られることについて

親元で暮らしていたときの私は、「やりたい!」と思ったことをやらせてもらっていたほうだと思う。学校の友人たちと比べると、ピアノ、水泳、ビーズといった習い事や、旅行や展示やイベントごとによく連れて行ってもらった。 今月19年目に突入するクラシック…

恋人のこと

先日より恋人がいるようないないような感じになり、読み返しても浮かれすぎているのに、これで来週別れたりしたらちょっと面白い。 ツイッターでその人のことばかり書きたくなるので、ブログに書き留めてそれなりの文字数になったら公開しようと思っているや…

遠く離れた人のこと

SONGSに出てたaikoを見た。 aikoがときどき見せる鬼気迫る歌い方は、私がやりたいポーズの一つで、「本当はもっと言いたいことがある、分かってもらいたいことが死ぬほどある、怒りたいことも泣きたいことも悔しがりたいことも、数え切れないほどにあるんだ…