私はいつまでピルを飲み続ければいいの

 

「飲みたくないなら飲まなくていいよ」

とパートナーに言われた。

 

ピルのことだ。大学生のときから飲み続けているピル。

妊娠するのが怖くて飲み続けていた。

私が大学生のときから彼には避妊をしてもらえないから、自分で避妊するしかなかった。

もともと私は子どもを産み育てたいと思っていない。

子どもはほしくないと思っていながら、もし妊娠してしまったら、

選択肢としては産み育てるか、中絶をするかの二択となる。

(それ以外の選択肢もあるけど、基本的には共に過ごすか、捨てるかの二択だと思う)

産み育てる、まず第一に経済的に厳しい。そして、私が親からされてきたように、私も子どもを蔑ろに扱う可能性がある。それがすごく怖い。ずっと憎んでいた親に、私もなってしまうことがものすごく怖い。だから子どもはつくらないと決めている。夫婦として、子どもをつくらないと決めている。

次に中絶をするという選択肢。子どもはほしくない、つくらないと決めていても、もし妊娠をして中絶することになったら、それはそれで私は苦しんで、つらくて泣くのだと思う。命を捨てることの罪悪感、という言葉では足りないくらいの強い感情、考えるだけで涙が出てくるし怖い。

妊娠をしたくない。だから私はピルを飲む。

 

 

本当はずっと、彼に「ピル飲むのやめていい?」って聞きたかった。

パートナーの許可なく自分の意思でピルを飲むことをやめても全然よかったはず。

それなのに怖くてピルを飲むことをやめられない。

もし、飲むことをやめて、彼が避妊をしてくれなかったら。

もし、避妊をしてくれたとして、それでも妊娠をしてしまったら。

 

6月頃に喧嘩をして、そのときに勢いで話した。

私はあなたに避妊をしてもらえたらいいなあってずっと思っていたこと。

血栓症のリスクのこと。

私だけが避妊して、あなたは避妊をしないことは、それは私が大学生のときから変わらない。最初からバランスが取れていないことのひとつであること。

私のことが大事だと言うくせに、避妊をしてくれないこと。

その矛盾に気がおかしくなりそうなときがあること。

でも、私は私の身体が無碍に扱われることを良しとしていた。

ただの穴に成り下がることを良しとしていた。

「ゴムつけて」「中出ししないで」「私はいつまでピルを飲み続ければいいの?」と言ったら嫌われるような気がして、離れて行ってしまうような気がして、怖くて何も言えなかった。無碍に扱われてもいいから、一緒にいてほしい。離れないでほしい。

そういうことを勢いで話した。

 

それから、もうセックスを全然してない。

6月に勢いで話したとき、彼は避妊する、と言ってくれていた。

期待した自分がいた、正直に言ってよかったと思った。

でも、無い。いいのだ。もう、別に私もそれで。

次、いつかセックスをするときに、彼は避妊をしてくれないかもしれないな、と思っている。それでいい。どうでもいい。

 

彼は言っていた。

最近、大事だとか愛しいという感情は増すばかりなのに性欲はわかない。

これまで、自分にとってのセックスは、ある種暴力的で支配的なものだった気がする

。女性を蹂躙することが快感だった、けど、今は違う。

 

そういうことを考えてくれるひとと結婚してよかったなあとそのとき思った。

 

 

 

昨夜、いろいろ話すうちにまたセックスとかピルの話になった。

いつまでピル飲まなきゃいけないんだろう、と彼に聞いた。聞けた。

彼は、生理痛とか生理周期のために飲んでいるのだと思っていたと言う。

違う。全然違う。

関係性を繋ぎとめるためだけに飲んでいた。便利な穴として。

 

ゴムは持っていて、でも、性欲がわかない。

そんなふうに思ってるって知らなかった。

飲みたくないなら飲まなくていいよ。

 

でも妊娠するのが怖い。

 

ゴムはつけるし中で射精しないようにする。

 

ずっと聞きたかったことを聞けてよかった。

私はいつまでピルを飲み続ければいいのかずっと分からなった。

閉経するまで飲み続けなければいけないのか?飲みたいわけでも飲みたくないわけでもないものを毎日夜眠る前に水で流し込む行為をこれからもずっと続けるのか?

ひとりで悩んでいたことを聞けてよかった。なんの解決にもなってないけど、私に答えをくれたので、それだけで一歩前進という気がした。

 

もうすぐ結婚して一年が経つ

 結婚して一年。

パートナーが仕事に行くときはベランダから手を振って見送るし、私が仕事に行くときはパートナーが駅までついてきてくれるときもある。夜眠る前にはパートナーと一緒に本を読む時間があり、歯を磨く時間がある。おやすみと言い合って最初は手を繋いでいたのに自然と寝返りを打って背中合わせで眠る。彼は私が眠っている間に、夜中に仕事へ出かける。喧嘩をしたときは自室へ逃げ込んで、一緒に寝ないこともある。互いの部屋のドアを閉め切って、言葉を交わさない日が何日も続く。なるべく喧嘩はしたくない、そう思いながらも何回も喧嘩をした。それでも生活は続いていく。喧嘩をしていてもなお、夫婦としても生活が存在している。

 

aknynk.hatenablog.com

 

最近、転職活動を始めた。

大学を卒業し、今の職場に新卒で入社して5年目、インフラエンジニアとして働いている。4月に入ってから残業時間がぐんと増えた。これまでは平均20時間程度の残業が、40時間程度に増えた。職場の主任がマネージャーに昇格したことを機に、これまで主任が担当していた仕事の多くが私に振ってきている、し、新入社員のOJTにも時間を奪われる。

仕事で忙しくするのは好きだ。どんなに忙しくても、この忙しさは昇格のためのステップアップなのだと言い聞かせてきた。会社のルールとして、若いうちから出世する人間のもとで働いたほうが、自分も出世しやすいだろう。だから私も将来有望な人間の下で働けている今の環境はとても恵まれている。私は、いきなり仕事を休む先輩なんかよりも先に昇格するのだ。私は女だけど、父親よりも稼ぐ人間になる。「誰のおかげで飯が食えてると思ってるんだ」と怒鳴る父親よりも、もっと、大事な人を大事にできる、優しくて稼ぐ人間になりたい。

別に出世したいわけじゃない、ただお金が欲しいだけ。お金がたくさんあると安心するから。仕事は好きでも嫌いでもない。職場のひとはみんな優しくて大好きだけど、それだけじゃやっていけない。

 

あるとき残業を45時間越えたときに残業時間を過少申告するようマネージャーから言われた。今までおかしいなと思うことがあっても、強く主張したりしなかった、無視するほうが楽だったからそうしてきた。セクハラされたときはコンプライアンス部門に通報して適切な対応を取ってもらったけど、それくらい。どうしても許せないことがあると泣きながらインターネットに文章を書いて、それでやり過ごしてきた。でも、働いた分のお金がもらえないということがどうしても許せなかった。

 

また、あるプロジェクトのWBSを作るよう指示があり、メンバーの業務負荷や知識レベルを考えるに、当初の予定の2か月では到底終わらないと思ったので、マネージャーにそう主張した。でも、どうしても2か月で終わらせるよう言われた。「時間が足りないなら人をアサインしろ、知識が足りないなら勉強をしろ」、それは正しいことだと思う。けど、私以外の人間も残業時間が40時間を超えている状況で、そんな正しさで殴られても、何も響かない。あ、そうなんだ、と思った。私は号泣しながら到底無理なスケジュールのWBSを作った。

このままでは私はいつか人間を壊してしまう。人間を壊すことに加担してしまう。

お客様のために、会社の利益のために犠牲にならなければいけないのは、そこで働く生身の人間で、そこまでして私はこの会社で働き続けたいのかよく分からなかった。

 

感覚としては、実家に住んでいたときの感覚に近い。

逃げようと思えばいくらでも逃げられるのに足が動かない。

「早く実家から脱出できるといいですね」と言ってくれるひともいて、「そうですね、私も早く実家から出て生活したいです」と返事をしているのに、行動に移せない。

なぜか動けなかった。必要性を感じなかったというか、我慢に慣れすぎていたというか。

 

あるとき転職していった元同期から連絡が来て、転職活動の話を聞いた。彼はすごく能力の高いひとで、新入社員のときからずっと仲良くしたいと思っていた人間のひとり。彼も結婚をしていて、私としても恋愛感情があるわけでもないのに連絡が来ると心臓がドキーーーッとする。彼の話を聞くうちに、転職できるかどうかは分からないけれど、転職活動をやってみようという気持ちになった。働く場所は他にいくらでもあるはず。

勢いで転職サイトに登録をしたらあとは流れるように物事が進んでいった。

働きながら、毎日0時まで転職活動をしている。

 

 

パートナーの話。

8/1(日)に喧嘩をした。それから喋らない日々が続いた。8/5(木)、私が在宅で仕事をしていたら「昼休みに話したいことがあるからちょっといいかな」とパートナーが声をかけてきた。来た。いつもの仲直りのタイミング。私たちは、喧嘩のあとはいつも話し合いをして仲直りをする。今回は私が譲れないことだったので彼から謝ってくれるのを待っていた。

そしたら、「仕事を辞めようと思っているんだけどどうかな?」と突然。喧嘩の仲直りの話じゃない。仕事を辞めるらしい。あくまで私に相談するという体裁だけれど、声音からも彼の中で意思が固まっているのが分かる。私に引き留める権利はない。ここ最近ずっとしんどそうにしていたし、彼も転職をしたいと言っていた。でも、いきなりすぎやしないか。転職先も決まってないのに、これからどうやって生きていくつもりなんだ。

話を聞いた日はずっと訳もなく涙が出た。

今までお仕事おつかれさまとかよく頑張ったねとかこれから何でもできるねとかたくさん休めるねとか言いたいことはたくさんあるのに全然口から出てこなかった。一番最初に言ったのは、「今の貯金がいくらで、生活にかかるお金がいくらで、養育費がいくらで、何か月で再就職をするつもりなのか決めてほしい」という現実的なものだった。そんなことを一番に言いたかったわけじゃないのに、そうやって計画性のなさを詰めてしまう自分に嫌気がさす。人間には、そんな計画性よりも前に、気持ちとして行動してしまいたいときがある、行動せざるを得ないときがある、そんなことは頭で理解しているのに全然彼の気持ちをポジティブに捉えたり労わったりすることができなかった。彼からは 「現実的なことを言ってもらえてよかったと思ってる」 と言われたけど、それでも。

 

他人の決断が自分の人生に直に影響を及ぼしてくる。

きなり自分ごととして人生が迫ってくる。

結婚、おもしれ~~~と思った。

 

私は、彼が厩務員として働く姿がとても好きだった、と今更気づく。

今まで世話をしてきた馬とお別れになるのさみしいねとか、テレビに出ているあなたを見られなくなるのは悲しいよとか、私もパドックに生で見に行きたかったよとか、レースをちゃんと録画しておけばよかったとか、そういうことばかりを思った。

ときどきデートで動物園や牧場に行くとき、明らかに動物への接し方がほかの来場客とは違って、手つきが手馴れている。ヤギの目やにを取ってやるしぐささえ愛しかった。「おにいさん撫でるのうまいねえ」と、言われたこともあった。嬉しかった。

人間と関わることが苦手で、生きづらさを抱えながら、それでも動物を大事にする彼の指が、しぐさが、すごく好き。仕事を辞める。単にサラリーマンを辞めるといったこととは全然意味合いが違う、特別な仕事から降りる、という感じが寂しくて泣いたんだと思う。私が大学生のときに出会ったときから、彼は厩務員だったから。

 

 

aknynk.hatenablog.com

 

 彼が仕事を辞めることが決まった。今月。もうすぐだ。

職場に退職する旨伝えて帰ってきたとき「気が楽になった」と一番に言った。

歳を重ねるにつれ難しいと思っていた競走馬を相手にすることのリスク。休みがないことすら楽しんでいるワーカホリックのひとがたくさんいる環境で、今日辞めるって言って久しぶりに 夕方の空がちょっと赤くてきれいだなって思ったと。なんかそれなら応援するよ、一緒にがんばろうって思った。

彼は、結婚記念日に、私の誕生日に、仕事を辞める。

 

「おれに騙されて結婚しちゃったのかな」

 

彼は言う。大学生のときの思い出補正で騙されて結婚してしまったのではないかと。

なんで結婚してくれたのか分からない、結婚一年でこんなことになってしまって申し訳ない、としきりに言う。大学生のときに一度連絡が取れなくなって、3年ぶりに再会して、半年間の同棲生活を経て、20歳も年上のひととの結婚。今でもよく分からない縁だなあと思う。

 

3年ぶりに再会したとき、彼は憔悴しているように見えた。

今まで楽なほうを選んで人生を生きてきたけど、年を重ねるにつれ人生が詰んできた。子どものころから周りのひとと全く馴染めない。普通のひとだったら慣れてきたらコミュニケーションの取り方を理解したり仲良くしていくであろうことを、おれは全然できない。そういうことを考えてもうこのままではだめなのかなって思ったときに、頼る相手がほしかったし寂しかった、だから連絡をした、と彼は言った。

他に連絡をする相手はいくらでもいたはずなのに、私を選んでくれたことが何より嬉しかった。私も元恋人と別れたばかりで寂しかったし、再開したその日に結婚の話になった。

  

 

彼と結婚をした理由。 

理由①

大学生のときに、「言葉にしないと相手には伝わらないんだよ、伝わらなくても言葉にすることそれ自体に意味がある」ということをしきりに言われたこと。私は思ったことをすぐに言葉にするのが下手ですぐに会話をあきらめてしまうから、どんなに遅くても、言葉にすることが何か意味があるのだと主張する彼の気持ちがなんとなく温かく感じた。

喧嘩をしたときも、問題が解決するかどうかはさておき、すぐに話し合えるかどうかはさておき、話し合いをして仲直りできるところがよかった。それまで付き合ってきたひと、友人たちとは喧嘩をしたら関係性がそのまま終わった。関係性が終わってしまうことを恐れていたし、関係性を繋ぎとめるために、モヤモヤすることがあっても言わないようにしてきた。それしか関係性を続ける方法を知らなった。だから、自分の気持ちを言って喧嘩になっても仲直りできることそのものが新鮮だったし貴重だった。これから一緒に生活していく中で、喧嘩をすることは多くあるだろうと思うけど、でも、人間には言葉があり、私たちは話し合えるのだと忘れずにいれば、大丈夫だろうと思った。だから結婚した。

 

 理由②

人生の視野を広げてくれたこと。

大学生のときから映画の話をしてくれたり映画館に連れて行ってくれたこと、車の中で流れてる音楽、食べ物のこと。それまでは食事なんてただ生きるための栄養摂取だと思っていたから、人と食べるご飯がこんなにも美味しいことを全く知らなった。鱧の天ぷらとか、なめろうとか、美味しいものそのものを教えてくれたことも幸福の一つだし、美味しいものを人と食べることで豊かになれることを教えてもらったから、結婚した。

アウトバックステーキ、品川 品達、デイリーヤマザキのパン。

彼と食べるご飯はなんでも美味しい。

 

理由③

「今付き合っているひといないの」「まだ結婚しないの」と他人から言われることに飽きていた。結婚して早く人生を上がりたかった。私は子どもを持つ気はないけれど、いい加減恋愛ゲームに飽きた。性的搾取に飽きた。何度、マッチングアプリで「なんて呼べばいいですか?」「趣味は何ですか?」「今度一緒にご飯行きましょう」から始まる恋愛をしなければいけないんだ、虚無すぎる。

友達に相談すると要素だけで反対された。当然のことだ。20歳も年上で、離婚歴があり養育費を払っているひと。「おれだって反対すると思うよ」って本人も言っていた。要素だけ、要素だけしか見られない。

でも、選択した道を正解にするしかないと思って私は結婚を選んだ。選択したときは正解かどうかなんて分からないのだから、選択した道を自分で正解にしていくしかない。私の好きな言葉。また、別に結婚しても離婚という選択肢があるということは忘れないでいたい。選択するかどうかはさておき、私にもパートナーにもその選択肢はある。

 

そういう結婚した理由をちゃんと言葉にした。

これからも、何度も言いたい。彼が道に迷いそうになるとき、不安になるときは同じことでも繰り返し言うことに意味があるのだろうと思う。届かずとも、理解されずとも言葉にすること。

 

 

 大学生のとき、ホテルの休憩時間が終わるときに有線からZARDの『マイフレンド』が流れて泣いてしまったことがある。好きな曲というわけでもない、そのとき彼のことがすごく好きだったわけでもない。彼には付き合っている恋人がいたし、ただの身体の関係なのに、他に何を許すものがある、何を明け渡すものがある、それなのに、訳も聞かず抱きしめてくれたこと、ホテルの時間を延長してくれたことを思い出す。

 

「どんなに不安がいっぱいでも 真っすぐ自分の道を信じて」

「あなたがそばにいると 何故か素直になれた」

「ひとりでいる時の淋しさより 二人でいる時の孤独の方が哀しい」

 


www.youtube.com

 

昨日この話をしたら、「学生に限らず、家に帰りたくない状況ってつらいよね」と言ってくれた。ZARDの『マイフレンド』を聞いて号泣したことは覚えてないみたいだったけど、それでも私にとってあの時間は救いだった。自分の人生を引き上げてくれたひと。

結婚して一年、今は、家に帰りたくないことなんてまるでない。あのとき実家を出て一人暮らしをしたから、彼との生活を選んだから、その選択の地続きのところい今がある。死にたくなるときも全然あるけど、なんとなく生きてきた。もうすぐ誕生日が来る。人生の長さに途方に暮れるけど、彼となら貧しくても生きていきたいと思う。

  

Microsoft Azure Fundamentals(AZ-900)に合格した話

今日(2021年4月)、Microsoft Azure Fundamentals(AZ-900)に合格したので、勉強方法などを書いておきます。

先日AWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA-C02)に合格した話を投稿しましたが、AWSの知識があればAZ-900を勉強する際にAWSとAzureのサービスの対比をよく理解することが有効だと思います。クラウドの業務経験があればそこまで難しい試験ではないですし、後述の通りMicrosoftの無料のウェビナーを受講することでバウチャーをゲットできるので、ちょっとした力試しに良い試験だと思います。

 

aknynk.hatenablog.com

 

 

 https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/paths/az-900-describe-cloud-concepts/

Microsoft Azure Fundamentals(AZ-900)とは

Microsoft Azure Fundamentals(AZ-900)は、FundamentalsというだけあってAzureの一番基礎的な試験です。AWSでいうクラウドラクティショナーのような立ち位置の試験です。

 

以下のサイトに試験のロードマップがあります。AZ-900に合格した次は、Azure Administrator Associate(AZ-104)、Microsoft Certified: Azure Developer Associate(AZ-204)、Azure Security Engineer Associate(AZ-500)へと進むのが順当なようです。

 

Become Microsoft Certified

https://query.prod.cms.rt.microsoft.com/cms/api/am/binary/RE2PjDI

 

この試験は、クラウドベースのソリューションやサービスを使い始めたばかりの方や、Azure の初心者の方を対象としています。

Azure Fundamentals 試験は、クラウドの概念、 Azure サービス、 Azure ワークロード、 Azure のセキュリティとプライバシー、 Azure の価格とサポートに関する知識を証明する機会です。受験者は、ネットワーキング、ストレージ、コンピューティング、アプリケーション サポート、アプリケーション開発の概念を含む一般的なテクノロジの概念に精通している必要があります。
*1

 

問題数:出題数は40問前後? (私が受験したときは43問でした)

試験の形式:選択肢形式、ドロップダウンリスト形式、クリック形式、ドラッグ&ドロップ形式

実施形式:テストセンターまたはオンライン
試験時間:60 分間

受験料金:13,750 円(税込) / 12,500 円(税別)

合格ライン:70% (700/1000点)

言語:英語、日本語、簡体中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語

  

docs.microsoft.com

 

試験前の知識レベルについて

※一部SAA-C02の合格記事にも記載している内容です。

 

法学部を卒業し、ITスキル0のまま2017年に今の会社にエンジニアとして入社、現在までクラウド環境の運用・運用設計の業務を担当しています。

社会人一年で基本情報技術者試験(FE)と応用情報技術者試験(AP)に合格、ベンダー試験としてはMicrosoftWindows Server 2012 のインストールおよび構成(70-410)を取得しています。

 

現在はWindows Server 2016やWindows 10、Red Hat Enterprise Linux Server(RHEL)の運用を担当しています。WSUSやLanscope Catを利用したQU・FUのパッチマネジメント、vSphere上での仮想サーバの自動構築、Powershellシェルスクリプトを利用した自動化・効率化が得意領域です。

 

Azureは技術問い合わせ対応(お客様からの問い合わせをMicrosoftのサポートに投げるだけ)の経験が3年程度あるだけで、VM、Functionくらいしか触ったことがありません。

 

元同僚に「Microsoftの無料のウェビナーを受講することでバウチャーをゲットできるよ~」とおすすめされたことがきっかけで、ウェビナーを受講、試験合格を目指すことを決めました。

  

使用した教材・研修

研修

  • Microsoft Azure Virtual Training Day: Azure Fundamentals
    2020年12月に受講した無料のウェビナーです。期間は2日間(09:30~12:30の3時間×2日間)で、頻繁に開催されていますので、まずはこれを受けてから試験を受けるかどうか考えるのも手かと思います。実際にハンズオンができるわけではなく完全に座学ですが、疑問点が出てきたら都度チャットで質問ができてその場でMS担当者が返信してくれるのがよかったです。

    無料のトレーニング イベント Virtual Training Days| Microsoft Events and Seminars

テキスト

  • 合格対策Microsoft認定AZ-900:Microsoft Azure Fundamentalsテキスト&問題集

    先ほどAmazonで調べてみたところ5月にインプレス社から黒本が発売されるようですが、私が勉強を開始した2020年12月頃は、AZ-900に関する日本語の試験対策本はこの本しかありませんでした。2020年3月に出版されたテキストのため、2020年11月の試験の更新内容は反映されていませんが特に問題ありません。このテキストは教科書的に使って、とにかく演習を解きまくりました。

     

インターネット教材

  • Microsoft Learn Azureの基礎
    公式の教材が第一部から第六部まで用意されています。この内容をEvernoteに書きながら勉強を行いました。ときどきサンドボックス環境でのハンズオンも用意されているので実際に手を動かしながら勉強することができました。外国語を翻訳した内容だからか、いまいち文章が頭に入ってきづらい部分があるのですが、根気強くやりました。

    Exam AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals - Learn | Microsoft Docs

    Azure の基礎 第 1 部:Azure の主要概念に関する説明 (AZ-900) - Learn | Microsoft Docs

     

  • Udemy Microsoft Azure - Beginner's Guide + AZ-900 - UPDATED 2021
    英語の教材です。13時間分のオンデマンドビデオがありますが内容は英語、日本語字幕もないので見ていません。約240問(120問×2回分)の演習テスト目当てで購入しました。ブラウザの翻訳機能を利用して問題を解きました。合格体験記を見るとこの教材を購入している方が多くいましたし、評価もよかったので買いました。定価が18,000円 (税込)と超高級品と思われますがUdemyは頻繁にセールを行っていて、90%OFFもザラなので1840 円くらいのときに購入するのがおすすめです。

    Microsoft Azure Administrator Guide Preparation Tutorial | Udemy

     

  • Udemy AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals模擬試験問題集(6回分276問)
    276問(45問~50問×6回分)の演習テストのみの日本語の教材です。上述の英語教材は1回分の演習テストが120問とボリュームが大きめですが、こちらは45問程度とスキマ時間にさくっと解くことができます。Udemyは最後まで解き終わって初めて正解・不正解が分かる仕組みなので120問解くとなると平日1日では厳しいときもあり、すぐ解いてすぐ正解・不正解を知りたい、解説を読みたいというときはこの教材は有用でした。解説の内容がものすごく分かりやすいというわけでもないのですが、シンプルな表現でよかったです。定価は3,600 円(税込)

    AZ-900: Microsoft Azure Fundamentals模擬試験問題集(6回分276問) | Udemy

 

勉強方法・感想

12月にウェビナーを受けて、12月~3月はだらだらとMicrosoft Learnをやっていました。4月はUdemyの演習問題中心に勉強をしました。というのも、ふとバウチャーの有効期限を見たら6月末と記載があったので結構有効期限が短い!!!と焦って4月から本気を出し始めました。4月は新年度で会社の体制変更があったこともあり、残業は40h程度で精神的にも限界MAXの状態でしたが、業務の息抜きとして勉強をしていました。


 

f:id:aknyonaka:20210430192026p:plain

 

各演習テストの合格点です。括弧内は解いた日付です。最初はどうしても点数が低いですが、間違えたところはEvernoteに記録して自分の弱点を理解するようにしました。

特に、Security CenterとTrust Center、コンプライアンスマネージャーを混同することが多く、どれもセキュリティとコンプライアンス関係のサービスじゃん!といつまで経っても苦手分野でした。あと、初歩中の初歩ですが、リージョンと可用性ゾーンの区別も苦手でした。結局データセンターの集まりなわけですが、可用性ゾーンは1つ以上のデータセンターで構成されているのは分かっていても、じゃあリージョンにはいくつ可用性ゾーンがあるの!?1つ以上なのか!!というのを何度も間違えました。AWSだとマルチAZ構成という前提で勉強していたので、AZが1つの場合もあるんだな~というのを雑に学びました。

 

また、AWSとAzureのサービス対比を常にイメージしながら勉強をしていました。

Azureの Virtual MachinesはAWSのEC2、Cosmos DBはDynamo DB、FunctionsはLambda・・・というように、だいたい似たようなサービスがAzureとAWSには用意されています。Azureでのハンズオン経験が少ない中で、AWSの多くのハンズオンを思い出しながら「触ったことのないサービスだけど、だいたいこのような機能があるのだろう」と紐づけすることで覚えていきました。

 

Azureのほうがサービス名を見るだけで機能の内容が分かるシンプルなサービス名な一方で、AWSAWSならではのサービス名がついています。私にとってはAzureのシンプルなサービス名が逆にイメージしづらく、結構しんどかったです。

たとえば、AWSにはElastic Beanstalk というWebアプリを迅速にデプロイし、管理するサービスがあります。Azureで同等のサービスとなると、Azure App Serviceが該当します。Azure App Service。アプリのサービスなんだな、ということは分かるのですが、じゃあアプリの何のサービスなの?となるわけです。AWSのBeanstalkというのは『ジャックと豆の木(Jack and the Beanstalk)』が由来であると研修かどこかで伺いました。物語の内容を詳しく知らなくとも、主人公がぐんぐん伸びる豆の木に登る話だよな、とイメージがつきます。サービスのアイコンも緑色で木っぽいデザインになっています。Beanstalkの場合は、『ジャックと豆の木(Jack and the Beanstalk)』の木がぐんぐん伸びるところから、迅速にデプロイするサービスなのだなと連想できるのですが、Azure App Serviceという名前から「アプリのサービス」以上に連想できるものがなく、個人的にはしんどかったなーと思っています。良い悪いという話ではなくて、私は多くのサービス名から物語性を連想してサービス内容を理解していくほうが得意でした。

 

docs.microsoft.com

qiita.com

 

 

結果・さいごに

1000点満点中745点、つまり75%の正解率で合格しました。合格ラインは70%なので、ギリギリでした。あぶね~~~~~~!SAA-C02のときと同様、演習問題でいくら80~90%の合格率に達していても、本番では早々うまくいきませんね。予想通り、ID、ガバナンス、プライバシー、およびコンプライアンス機能の分野の得点率が低かったです。Azureの試験も過去問が公開されているわけではないので対策の立て方が難しい部分もありましたが、Microsoft Learnという教材があったのはよかったです。

試験に合格すると達成感がありますし、単純にうれしいので小まめに何らかの試験を受けて達成感とうれしさをゲットしていきたいです。次はAzure Administrator Associate(AZ-104)だろうか。久しぶりにIPAの試験も受けたい気持ちもある。

坂元裕二 朗読劇2021 『忘れえぬ 忘れえぬ』を観劇した

私は嬉しかったり楽しかったり好きだなあと思ったり幸せだったりするときに、声がまるくなる。口角があがってるからか、口の形がまるくなって、喉からやわらかくてまるい感情が出てくる。うまく言葉で表現できないのだけれど、そういうまるい声は、甘ったるいような上擦ってるような猫撫で声のようななんというか自分で聞き返してみると気持ちの悪い発声の仕方をしているなと思う。そういうときがたまにある。

 

 

坂元裕二さんの朗読劇2021 『忘れえぬ 忘れえぬ』、4/21(水) 13:00の風間俊介さんと松岡茉優さんの回を観劇した。

 

なんと2列目の席を引き当てたので、震える思いでお二人の姿と声を心に焼き付けてきた。

3m先に風間俊介さんと松岡茉優さんがいる喜びたるや、何もかもかなぐり捨てて舞台によじ登り警備をかい潜ることができたのならば、私はあの生身の人間に触れられたのだということを何度も妄想しては震えた。思いとどまった。何度芸能人を見ても、「ああ、このひとって実在するんだな」と思う。ちゃんと人間として器があって、人間として稼働しているのだなと思うと不思議な気持ちになる。ありがたいような恐ろしいような。

 

今回の朗読劇は、坂元裕二さんの『往復書簡 初恋と不倫』に収録されている、『不帰の初恋、海老名SA』『カラシニコフ不倫海峡』に加えて書き下ろしの『忘れえぬ 忘れえぬ』が上演されている。

私は『往復書簡 初恋と不倫』は読了済で、書き下ろしの『忘れえぬ 忘れえぬ』だけ内容を何も知らなかったので一番に観たいと思っていた。

 

往復書簡 初恋と不倫

往復書簡 初恋と不倫

  • 作者:坂元 裕二
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: 単行本
 

 

以下ネタバレが含まれるのでご注意を。

 

松岡茉優さん、黒混じりの緑の髪の毛でビッッックリした。いま、『生きるとか死ぬとか父親とか』の撮影中なのではないですか!?あのジェーン・スーさん原作のドラマ、スーさんから吉田羊さんという女優の解を導き出した上に、その吉田羊さん演じるトキ子の若き日を松岡茉優が演じていてあれもあれですごい、その答えの出し方エグすぎて大好き、キャスティングしたひと天才、という感じなのだけれど話を戻すと松岡茉優の髪の毛が緑だった。すごい、あと着ていたワンピースがかわいすぎ、ファッションに疎いのでうまく表現できないのですが、胸元から襟周りが白くて、それ以外は黒のすとんとしたワンピースを着ていた。それにブーツを履いていた。松岡茉優さんの骨格、好き。

 

風間俊介さんは髪が伸びててかわいかった。風間俊介さんは、私の座る席の真正面に存在していたので、前の席に座るお客さんの頭で正直洋服を細かくチェックすることはできなかったのだけれど、それにしても髪が伸びている。頭のてっぺんがよく見える。松岡茉優さんが背筋をぴんと伸ばして朗読する一方で、彼は足を開き前傾姿勢で朗読していた。衣装はチェックのシャツにジャケット、パンツという格好だったかな、スマートカジュアルな感じでした。

 

風間俊介さんといえばディズニー好きとして有名ですが、最近オープンしたディズニーのフォレストシアターという観劇型アトラクションが不具合によるシステム調整に次ぐシステム調整でついに一週間くらいアトラクション休止しますみたいな通知が公式から出ててすでにパークチケットや飛行機やホテル予約しちゃったひとがかわいそうとやや呆れ気味、かわいそうな感じになっています。風間俊介さんはコロナ禍で年パスも払い戻しになるような状況でどのようなディズニーライフを送っているんでしょうか。Dオタ以外にはどうでもいい話。

 

話を戻して

 

朗読劇、ただ読み聞かせをされているわけでは全然なくて、声の震えや本をめくる音、しゃくる音、鼻をすする音、細かく拾って耳に届いてすごかった。まばたき、流れた涙を拭っているところ、右手で髪をかき上げるところ、椅子に座り直すところ、前傾姿勢から後傾姿勢になるところ、目から入る情報量もすごくて、普段であれば画面越しにカメラで切り取られた俳優としての姿を見ているだけなのに、自分の肉眼で、好きなように生身の人間ふたりを一方的に見尽くしていいという最高に贅沢な時間だった。ありがたき幸せ。

 

風間俊介さんが左手で鼻を掻くこと、松岡茉優さんが右手で髪をかき上げること、風間俊介さんが右足をひっかけて椅子に座ること、朗読が終わり袖にはけるときに松岡茉優さんを先に通してから、客席をぐわんと見回してから退場する風間俊介さんのこと、そのとき彼の目に滲む感情が複雑なものであろうこと、単純な嬉しさや悲しさをたたえている目ではなくて、他人には分からないようなそういう目をしていたこと。

 

風間くんは最里(もり)くん、松岡茉優さんは木生(きお)ちゃんという11歳の子どもを演じている。11歳から物語がスタートして、少しずつ時が進んでゆく。

 

好きだった台詞うろおぼえ(ニュアンスで記憶)

「恋とは自分たち以外の存在を遠ざけて触れてくれるなと憤ること」

「最里くんの言葉は最里くんに似ています」

「今日もきみのことが好きでした 腹が立つ」

「私たち問題児が一緒に帰るようになって、先生たちは戦々恐々としていたけれど、先生たちの予想に反して私たちはおとなしくなった。おとなしくなったんじゃなくて、彼らにさよならをしただけ」

「太陽が溺れる夕方」

「お父さんとお母さんになんで僕を捨てたのと怒りたい、噛みつきたい、殴りたい、叩きたい」

「窓を閉めて甘夏を食べて」

「届かないから祈り」

 

特に、上からひとつめとふたつめの台詞が印象的で、確かに恋とはふたりの世界とそれ以外を線引きして敵に回すことだなあとか、坂元裕二さんもご自分の言葉はご自分に似ていると思っているのかな、私の言葉も私に似ていると思うんだよね、という気持ちになった。

 

意識不明で植物状態にある「ゆっくりさん」の額にコンビニのコーヒーのカップを置いて笑った医者と看護師の描写、「このひとの命の価値は0円なんだよ」という医者の台詞、憤りのあまり怒りの怪獣になってしまった最里のこと。

 

あの、『問題のあるレストラン』における、男性ばかりの会議室で女性を裸にさせて土下座を強いるシーン、物語の中にものすごくショッキングな描写を挿入することで観ている側の怒りを引き出して、登場人物の怒りに寄り添えるよう促すというのが今回の作品でも使われていた。あれは怒って当然だ、怒ってしまう自分に苛まれたとしても、怒りは正当なものである、怒りのあまり罪を犯したとしても、それでもおまえの怒りは大事におまえが抱えておくべきなのだと言われている気持ちになる、

 

「ゆっくりさん」が意識を取り戻したとき、最里は「ゆっくりさん」のそばにはいられなかった。なぜなら怒ってしまったから。それで木生が「ゆっくりさん」のそばにいて最里に近況報告をするわけですが、それが最里を慰めようとしている、美しい物語に感じてしまって、「ゆっくりさん」が目を覚ますなんて信じられない、信じたくない、信じてしまったら自分を今かろうじて支えている何かがもろく崩れ去る予感があるから、届かないから祈りなのだ、届いてしまってはそれは祈りではなくなる、そういう葛藤が伝わってきてウウウーッとなりました。

 

 

最後に松岡茉優さんの話。

 

松岡茉優さん、「どうしてもどうしても自分が演じたかった、自分が救ってあげたかった役なのに、オーディションに落ちてものすごく悔しい思いをした、それがずっと心に残っている」というようなことを先日のA-Studioで話していたのを思い出した。

 

松岡茉優さんも嬉しかったり楽しかったり好きだなあと思ったり幸せだったりするとき、まるい声をしていた。『問題のあるレストラン』『おカネの切れ目が恋のはじまり』『コウノドリ』『ちはやふる』『勝手にふるえてろ』、色々観たけど、彼女の演技というか、首の動きというか喉の震えというか、口の中の空気のかたちが、幸せなときは幸せだと表していた。幸せがあふれて、こぼれてしまうのがよく分かって、泣けた。

AWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA-C02)に合格した話

2020年11月にAWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA)に合格した。

2021年4月、いまさら合格体験記を書きます。

 

 

AWS 認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA)とは

AWSの認定試験は、基礎、アソシエイト、プロフェッショナル、専門知識の4つのカテゴリに分けられます。また、アソシエイト、プロフェッショナルはアーキテクト、運用、デベロッパーの分野で試験が用意されています。

 

その中でもソリューションアーキテクト – アソシエイトの試験とは、公式に以下の説明がありました。

 

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験は、AWS における分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性およびスケーラビリティの設計に関する 1 年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象としています。*1

 

試験の形式:65 問 (複数選択または複数応答のいずれか)

実施形式:テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間:130 分間

受験料金:15,000 円(税別)/ 模擬試験 2,000円(税別)

言語:英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)

 

今回私が合格したソリューションアーキテクト – アソシエイトは中級くらいでしょうか。そこまで難しくもないが簡単でもない、事前にハンズオンを含む勉強をしっかりすれば合格する試験だと思っています。

 

aws.amazon.com

 

試験前の知識レベルについて

法学部を卒業し、ITスキル0のまま2017年に今の会社にエンジニアとして入社、現在までクラウド環境の運用・運用設計の業務を担当しています。

社会人一年で基本情報技術者試験(FE)と応用情報技術者試験(AP)に合格、ベンダー試験としてはMicrosoftWindows Server 2012 のインストールおよび構成(70-410)を取得しています。

 

現在はWindows Server 2016やWindows 10、Red Hat Enterprise Linux Server(RHEL)の運用を担当しています。WSUSやLanscope Catを利用したQU・FUのパッチマネジメント、vSphere上での仮想サーバの自動構築、Powershellシェルスクリプトを利用した自動化・効率化が得意領域です。

 

AWSは業務でEC2やRDS、S3を触ったことがあるくらいですが、AWSの技術問い合わせ対応(お客様からの問い合わせをAWSに投げるだけ)の経験が3年半程度あります。

 

弊社の親会社がAWSプレミアコンサルティングパートナーとして登録されており、これからAWSの技術者を増やしていこうという動きの中で私もAWSに関する研修を受講させていただいたので、せっかくなら試験に合格して業務でも習得した知識を生かしていきたいと思ったのが受験の経緯です。

 

これから紹介するUdemyで購入した講座の演習テストは、1回目の正解率64%という状態でした。

 

使用した教材・研修

研修

テキスト

インターネット教材

模擬試験

  • AWS Certified Solutions Architect - Associate Practice
    公式の模擬演習で、私は本番の5日前に受験しました。結果が合格点に満たず、それまでUdemy中心で勉強をしていましたがWhizlabs中心の勉強方法に切り替えました。

 

勉強方法

毎日1時間程度勉強することを目標としていましたが、仕事で疲れて勉強できない日ももちろんありました。気が向いたときに勉強していましたし、本番5日前に受けた模擬試験の結果が惨敗だったので焦って勉強時間を2時間に増やしました。動画教材を見ながら、ハンズオンをしながら、解き終えた問題を確認しながらEvernoteに各サービスの特徴を書いては見返していました。

 

  • 2020年9月より本格的に試験勉強を開始、11月1日に合格(勉強期間は2か月)
  • Udemyの動画教材を見終え、「これだけでOK!~」は10/4に完了
  • 1か月後に受験日を設定し、申し込みをする ←自分を追い込むために重要
  • その後、UdemyとWhizlabsの問題集をひたすら解く
  • 間違えたところはテキストや動画教材で振り返り、Evernoteに書き残す
  • 本番5日前に模擬試験を受験、結果は惨敗、焦って勉強時間を増やす
  • 本番11/1受験、合格

 

モチベーションを保つコツは、演習問題の正解率を記録して、繰り返し解くことで点数があがってることを数字で"見る"ことでした。

Evernoteに記録していた正解率の表です。10月中旬~下旬たくさん問題を解いて正解率があがっているのが分かります。

演習問題は3回~4回は必ず解くようにしていました。また、「演習問題を暗記してしまい頭で考えずとも答えがわかるようになる」という事象をなるべく避けるため、気持ちとしてはまんべんなく演習問題を解くようにしていました。

 

f:id:aknyonaka:20210417140004p:plain

f:id:aknyonaka:20210417140009p:plain

 

結果・さいごに

1000点満点中761点、つまり76%の正解率で合格しました。合格ラインは72%なので、ギリギリでした。演習問題でいくら80~90%の合格率に達していても、本番では早々うまくいくものではないのです。特に、AWSの試験は過去問が公開されているわけではない(サンプル問題は公開されている)ので対策の立て方が難しかったです。まあ合格に変わりはないので一安心でした。

 

f:id:aknyonaka:20210417141032p:plain

 

試験に合格してから5か月ほど経ちますが、AWSサービスに対する解像度があがっていることを実感しています。最近CLIを利用してサーバに格納したファイルをS3にコピーし、S3にファイルが格納されたことをトリガーにLambdaをキックしてごにょごにょ動かすということをやりました。資格を取る前では苦労したであろうことも、結構簡単に実現することができました。自分で作ったものが正常美動くというのはそれだけですごく達成感があります。

また、今はAzureの勉強をしているのですが、AWSとAzureのサービスを対比して見ることでそれぞれのメリットや違いを理解することができ、この資格は取ってよかったなあと思っています。

おそらくブログ記事として技術的なことを書くのは初めてなのですが、何かのお役に立てればと思います。

心のお守り

尊敬しているひと。

私のパートナー、坂本真綾坂元裕二松たか子、嵐

 

子どものころの将来の夢。

お花屋さん、バレリーナ、作詞家、ディズニーのキャスト。

 

3/21、坂本真綾さんの25周年記念LIVE「約束はいらない」に行ってきた。

 

f:id:aknyonaka:20210321200228j:image

 

この日はとてつもない暴風雨で、何度も何度も傘がひっくり返ってはその度に傘の端っこをなんとか持って戻すという作業を繰り返し、横浜アリーナに着くころにはスニーカーは浸水、靴下もビチョビチョで、誰が好き好んで日曜日の暴風雨の中外出するんだよ……というようなひどいお天気でした。強欲なので、なかなか行かない新横浜、近所にないニトリとおいしいと有名なパン屋さんに行くぞ!と気合で行ったら足がビチャビチャのビチョビチョでおしまいになったのでした。

 

真綾さんのことを何がきっかけで好きになったのかあまり覚えていないけれど、真綾さんの音楽を聴き始めたのは2011年2月頃、好きになってよく聴くようになったのは2011年8月頃のことだったらしい。last.fmに記録されていた。2011年の私は嵐とGRANRODEOとサンホラ、あとは鈴村健一さんの音楽をよく聞いていたみたい。入野自由くんとか、Kiramuneが元気に活動してるときなのかな。キャプチャのVALUE1700というのは英語の参考書についていたCD。カリガリP-MODELサブカルを理解したくて頑張って聴いてたけど全然馴染めなかった。

 

f:id:aknyonaka:20210321201730j:image

 

なんとなく思い出してきた。鈴村さんと真綾さんが2011年8月に結婚したのをきっかけに聴くようになったんだ。鈴村さんが真綾さんのことをとてもリスペクトしていて、歌詞も影響を受けているというのを知って聴き始めたような気がする。

 

それからもう10年も真綾さんのことが好きで、何回かライブも行った。真綾さん繋がりで知り合った友人もできた。

今回のライブは、2019/12/31-2020/01/01のカウントダウンライブ以来の参加でとても楽しみにしていた。感想、ちょっとだけ書く。

 

  • CLEAR

ライブ、いつも自分が想像してた以上の大音量で行われるので耳が慣れてない最初のほうはいつも涙が勝手に出てきてしまう。嬉しさと感動と大音量に泣かされる。しかも今回は2曲目が『CLEAR』だったので思いがけず泣いてしまった。お家でずっと読んでいた坂元裕二の『Mother』に出てくる継美(親に虐待されていたところを学校の先生に誘拐される形で助けられ、先生を母として生きようとする子どもの話)のことを思い出して泣いてしまった。

 

夢って 愛って 本当はよく知らない

どんな色 どんな形 どこからやってくるの

 

愛も夢も自分の内からこみ上げてくる感情の名前すら知らず、それでも自由に飛び立とうとする景色がこの曲を聴くといつも浮かんでくる。『CLEAR』がクリアカード編の主題歌だったカードキャプターさくら、タロットカードに憧れていた私も大きくなったよねえという気持ちも相まって涙がドバドバ出た。

 

真綾さんが着ていたドレスがとっっってもすてきで、真綾さんはルンバみたいと言ってたけれど、なんというか淡いパープル色の二段のホールケーキ(結婚式でケーキ入刀するようなやつ)で、しかも髪の毛バッサリ切っちゃってるからより露出している肩や首のラインが美しく見えました。

 

 

  • オールドファッション

2019年の私の大大大失恋ソング。表参道の喫茶店でそのとき大大大好きだったひとに別れたいと言われ、別れるのが嫌すぎて縋り付いて銀座の喫茶店で話し合いをしたことを思い出して泣く。表参道も銀座もおしゃれすぎて吐き気がしたわ。

 

この曲が終わるまで君を独り占めさせて
好きだったところだけずっと覚えていたいの

 

この曲が終わるまで君の恋人でいたい
楽しかった思い出に今は乾杯しようよ

 

破局する前後でちょうどリリースされたアルバムのうちの一曲で、本当に救われた。坂本真綾分かってんな〜〜〜!!こんなタイミングで失恋ソングなんて!メッチャ分かってる!ありがとう!まあ別れたあと12月でクリスマスも近いというのに死んだ目でマッチングアプリをやり続けていたし、あんまり救われてなかったかもしれないけど、私の2019年の失恋イメージソングとして繰り返し再生して爽やかに別れを受け入れることが少しずつできるようになって、その年のカウントダウンライブでも聴いて大号泣したけど今は別のひとと結婚してハッピーです!よかったですね、という感じ。

 

最近リリースされた『Duets』の一曲。堂島孝平さんの明るくて飄々とした感じが真綾さんの素顔を引き出していてすごく良かった。楽しかった。ライブに"参加"した感が強い一曲。それでいて音楽というよりも短い演劇を見ているような感じもした。『真綾さんが「お客さん一人残らず幸せにする」って言ってたけど、皆さんは幸せにしてもらうだけでいいんですかー!?皆さんが一番幸せにしたいのは誰ですかー!?」っていう堂島さんの声かけが、ファン心理をよく把握してる人間のそれで、コロナでせっかくのライブに声を出して応援できずもどかしい中、観客の心の中を代弁してくれるのはありがたかったな。『あなたじゃなければ』は、喧嘩してるカップルの曲で、真綾さんではなく堂島さんが作詞・作曲しているので、普段真綾さんが選ばないような言葉選びが新鮮で、こう、二人向き合って言い合う様子がありありと目に浮かぶ。今回ライブで二人の言い合いを見て、よりシーンが目に強く焼き付いて曲を聞くたびにあの日の横アリのことを思い出すだろうなと思う。いやもう全部よかった、パフォーマンスの全部が超最高だった。

 

相手にしてもらえてるだけラッキーだと思えよ

 

そっちが先に 謝ればいいだけ
その口に接着剤でも塗ってるの?

 

  • ループ

無条件に涙が出てしまう曲。真綾さんが、MCの中で「25年間活動してきた中でずっと私と一緒にいたひとはいない、私の25年間は私しか知らない。共に音楽を作る仲間も、応援してくれるひとたちも。私の人生において、そういう支えてくれるひとたち 点のひとつひとつが私を見守ってくれてた」というようなことを言っていて、坂本真綾はずっとずっとこのテーマで歌ってるんだよなあと改めて感じた。真綾さんの『ループ』も、鈴村健一の『シンプルな未来』も、ずっと、人生において誰かと交差するその瞬間の集まりこそが奇跡であり愛であり普遍的なことである、みたいなことを言ってて、私の価値観の基礎にもなっていると思う。

 

  • 誓い

もっと強くなりたい
もっと優しい人に
君が そうだったように
もっと、もっと

 

パートナーがいなくなったときのことを想像して泣いた曲。勝手に愛するひとを死んだことにして泣くなんてどれだけ自己憐憫?が過ぎればいいんだよ、不謹慎すぎるだろって感じだけれど、私はパートナーと20歳年の差があるので順当に行けば親の次に私のパートナーは死ぬ。そういうことを日々淡々と考えながら生きている。おそらく私はパートナーがいなくなっても踏み越えて生きていくだろうけど、この曲の歌詞にあるように、要所要所、ほんの些細なことでさえパートナーを思い出して胸がグッとなったり喉がギュッとなったり指がふるふる震えたりするのだろう。パートナーのように優しいひとになりたい、強いひとになりたいと思えば思うほど、そんなことは到底無理なような気がして余計に悲しくなる。

 

 

真綾さんが終盤の挨拶の中で、「今回ライブに行けなかった人たちは、ライブ行けなくて寂しい、悔しいって思わないでほしい」と将来映像化されて今回のライブを観た人に向けてメッセージを送っていた。もともとライブの映像化に前向きでなかった真綾さんが、今回は形に残すことを決めた。このご時世で参加を自粛したひと、行けなかったひと、17000人入る横浜アリーナで5000人しか客を入れず、それでもライブをやると決めた真綾さん。ライブに参加しなかったひとたちにも観てほしいなと思う、あの素敵な空間を味わってほしい。よいライブだった。

 

今回、音楽の片隅にパートナーのことを思い出すことが多かった。尊敬しているひとのこと、子どものころの将来の夢のことを思い出すことも多かった。これまでの人生を振り返るような、音楽を聴きながらも自分を見つめ直すような時間だった。

真綾さんの曲は水のようにすっと喉を通って身体に沁みる。だから好きだし、気がつけば聴いてしまう、聴くことに対して負担がないところが良い、疲れないから良い。心のお薬のようなお守りのようなもの。しばらくはライブの余韻に浸りながら私はどうにか生きていく。

 

 

Duets

Duets

  • アーティスト:坂本真綾
  • 発売日: 2021/03/17
  • メディア: CD
 

 

 

 

 

優しい無視

習い事。

お金を親に出してもらっている子どものうちは、ありがたみはそこまで感じてなかったけれど、そのうち親がお金を出していることを良いことに「<任意の理由>であるなら辞めさせるよ!」と頻繁に脅してきて、理不尽だなと思いながらも従うのが常だった。

 

私は5歳からバレエを習っていて、親は、勉強、他の習い事、親の機嫌、私の態度、何もかもを脅迫の材料に使ってことあるごとにバレエを辞めさせようとしてきた。脅迫されるたびに大人しく従う(ポーズ)しか生きる道が残されておらず、親の庇護下でないと生存できない子どもという立場がものすごく憎かった。こんな生活から早く抜け出したいと、小学生〜中学生のころはよく思っていた。

 

高校生になっても脅迫は続き、その破綻して理論的ではない脅迫に我慢の限界がきて、「これからは私のお金でバレエを続けますので、口出しは一切しないでください」と親に宣言をした。最初はお年玉を切り崩しながら、次にショッピングモールのパン屋でアルバイトを始め、毎年の発表会に出るだけで10万は余裕でなくなってしまうことを初めて知った。高校生は平日学校終わりにアルバイトに行き、22時くらいには退勤しなければならないのでそもそも働ける時間が限られていた。高校生の身分では全然お金が貯まらなくて、コツコツ貯めたお金で初めて出た発表会はすごく達成感があった。こんなにお金がかかっているのだから頑張らなければならない、月謝を払っているから一回でも休んだらもったいない。あのときの自分は本当にえらかったなあと思う。

 

今日、バレエの先生から「あなたはやりたいって意思があったから続けられたしえらかったよね」と言われ、思わず泣いてしまうかと思った。日頃の行いから関係ないことでもいきなり結びつけられて辞めさせるよ!って言われてたことも先生は分かった上で言ってくれていた。

 

昔、本当に辞めさせられるかもしれないというときに、先生が私ひとりと話す時間を作ってくれて、「色々辞めていった子はいたけれど、あなたが辞めたくないと思っているのならば、辞めてほしくない」と言ってくれたときの、何が何でも私はバレエを続けたい、先生と一緒にいたい、先生のレッスンを受けたいと奮い立つような強い強い感情、今も鮮明に思い出せる。

 

子どものころ、私はバレエをやりたいと本当にそんな意思はあったんだろうか、と考えても今はもう思い出せない。バレエが好きとか嫌いとかいう感情はなくて、バレエをやるのが当たり前、無いのはおかしいという感覚だったと思う。声が小さくて引っ込み思案で発言なんて全然できない子どもだったけれど、バレエであれば表現できるし ちゃんと先生は見ていてくれておかしかったら指導をしてくれたしよくできたら褒めてくれた。そういう居場所を失いたくないと思っていた、多分。

 

周りの子たちは進学や受験勉強、スタジオの移転などを理由に次々にバレエを辞めていった。いま、5歳のころから一緒に続けている仲間はひとりもいない。続ける中で知り合ったひとたちと一緒にレッスンを受けている。20年以上バレエをやっている。同じ先生に毎週指導してもらって、お互い20歳も年を重ねたのかと思うと不思議な感じがする。親よりも先生のほうが好きだ。いなくなったら困る。

 

 

今日、小学生の生徒のひとりがあまりやる気が無くて伸び悩んでいるという話を聞いた。周りの子たちはやる気に満ち溢れていて活発だからどんどんスキルアップをしているけれど、その子だけどうしても暗い顔をして踊るのだという。両親は「辞めたいなら辞めてもいいんだよ、休みたいときに休めばいいんだよ」という甘やかしのスタンスらしく、それって本人を尊重しているようでいてあまり真剣に向き合っていないのでは?と思ってしまった。

欲しいと思う物は何でも買い与えられ、嫌なものは親が避けてくれて、思い通りに生きることができる、親を思うままに動かせられるお姫さま。裕福だけど豊かじゃない、しかもそれに親も子も気づけていない。置かれている環境自体に問題があるのにそれが当たり前になっているから問題に気づけない。外で子どもが厳しい指導を受けている様子を親が見て「かわいそうだ、そんなにきつく言わなくていいのに、かわいそうにヨシヨシ」という感じで、子どもも子どもですぐに泣く。別の子の親は「厳しくて細かいレッスンの積み重ねで結果があるんだね、よくがんばったね、あなたの糧になっているんだよ」とポジティブに言っている一方で、「つらいなら辞めてもいいんだよ」ってそれは本当に子どもに向き合っているんですか?「厳しいことを言われても私はバレエを続けたいんだ!」と子どもに意思があればいいけど、なかなか子どもに意思を求めるのって酷だと思う。意思、無いことのほうが多いと思う。甘やかしの親は、子どもに意思があれば喜んで金を出すだろうし本人を尊重するというていで従うだろうけど、どうすれば意思って育つんだろうと考えてしまった。

 

私の場合は親の理不尽な行動や言動に振り回されるのが嫌すぎて反発する形で自我というか意思が芽生えたと思うけど、その子のように親が甘やかしてくれるパターンって何をトリガーに育つのだろう。

 

「辞めたいなら辞めてもいいんだよ、休みたいときに休めばいいんだよ」って親なら子どもが辞めたいと思っているか続けたいと思っているか、少しくらいは分かるんじゃないのかなと思う。家を出るとき、帰ってきたとき、その表情を見ても分からないものなのだろうか。子どもの気持ちを決めつけたり、気持ちを無視して強制させるのは違うけど、気持ちを形にする、輪郭を与えてやるくらいのフォローはできるような気がしてしまう。私が親じゃないからそう思うのだろうか。気持ちから意思を決めていく。そういったこともせずに、子どもを尊重するふりで自分の子どもを知ろうともしない、優しい無視を決め込んで、ぶつかりあうこともない。そっちのほうが疲れないだろうけどちょっと怖い気がする。

その子がやる気がないことよりも、置かれた環境のことが心配になってしまって、どうにか救いあげたくなってしまう。小学生じゃまだ自分の気持ちがどういう形をしていて、その理由が何かとか、整理できないこともあるだろうから、なんかこう、きっかけがあるといいなと思う。